203
料金さえ気にならなかったら、自宅ではなく、美容師にきちんと行ってもらいましょう。
美容室の白髪染めが良い理由はいろいろですが、なんといっても仕上がりです。
自分の毛髪は、この目で確認できないところがとても多いですが、他人から見るとよく確認できます。
ということは、自宅で行う白髪染めは本人がろくに確認できない部分を手探りで行っていると言えます。
その時点で、美容室のほうが良いのは当たり前です。
同様に、揉み込むにしても、他人の手のほうが良いです。
自宅で白髪染めを行ったあとに、美容室に行って、白髪染めの指摘を受けたことがある方も多いですが、それはごく当たり前の事。
染まっていないところがあるということも、見えないのですから、できない部分は当然出てくるはずです。
自宅での白髪染めの商品は種類が多いですが、自分の肌にあっているか分からないというのも多いはず。
美容室では、美容師が白髪染めの知識がありますから、自分の肌に合う物をチョイスすることができます。
ですから、白髪染めトラブルにも合うことはないでしょう。http://www.hiroginza-recruit.com/
美容師の技術そのものも素人とは全く別のものです。
ただ、料金はどうしても高いです。
市販で染める料金とは比較にならないのですが、仕上りの髪を見るとそれも納得です。
一度、美容室で白髪染めをしてしまうと、自宅ではできなくなってしまう方も多いですが、それほど差があるということです。
白髪染めは美容室で、というのがお勧めです。

202
最近の美容院で行われているwaterパーマはナノレベルの細かな粒子の水を使います。
これは、浸透性に優れているもので、水のスチームでパーマをあてます。
パーマ液などの強い薬品ではなく、水が原料ですから、髪が傷みにくい、ダメージ毛の修復も可能です。
使用する薬液は髪に負担をかけず、スチームという方法を取ることで、浸透しやすいというメリットがあります。
そして、結果的にパーマ液が髪に付いている時間が短くなり、パーマそのものの時間も短縮されます。
ただ、普通のパーマ液より弱いという感覚から、持ちが悪いのではないかと心配される方も多いですが、普通のパーマと同じく2ヶ月くらいはもつとされています。
Waterパーマの仕上がりは、しっとりとしていて、スタイリングもし易いとされています。
もともとパーマは、髪の質を無理やり変えてしまって丸めることを言います。
当然無理もかかっていますし、毛髪を守るキューティクルも失います。
見た目はキレイでも、近くによってみると、髪がボロボロという方も多いでしょう・そんな方にこそ、waterパーマはお勧めです。
水とスチームの力で毛髪を膨潤させるということで、髪本来の輝きを失うことがない画期的なパーマの登場です。
好きなヘアステイルにしたいけれど、髪をいじめているという方、なんとか自然な形のパーマをかけたい方に体験してもらいたいパーマです。
waterパーマを取り扱っている美容院は少ないですが、機会があれば溝の口の美容院で是非体験してみてください。
髪の修復が出来るというのも魅力です。
そんな風に見られてるの!?美容院で渡される雑誌に揺れる乙女心

101
現在、美容室を探している方、できれば長く通い続けたいところが良いと思っている方も多いことでしょう。
それには、良い美容室との出会いが大切です。
自分にとって、どんなところがベストといえるかどうかについては、ポイントを決めて探してみることです。
街なかを歩いていて、偶然見つかる事もあります。
たまたまオープンしたばかりの美容室だったり、店の雰囲気が外からみて良かったと言うインスピレーションも大切です。
そうではなく、スマートフォンやパソコンから探す時には、ホームページ上の内容で判断することになります。
たいてい店内写真に目が行きます。
角度によっては、すべてを見ることはできませんが、ホームページでは一番よい部分を披露しています。
その感じが良かったら、それだけで行きたくなる魅力があります。
こんな技術で提供していますと言うこともチェック項目に入ります。
○○スパや○○パーマなど新しいことを行っていると言うこと、春日 美容室のような隠れ家的にひっそりとしているところ、アットホームが売りなどのその美容室のメリットを探してみてください。
そこで、自分のセンスと合えば、多分通い続ける事ができるでしょう。
それと、結局はこれというのが、料金です。
安すぎず高いものではないということが大切ですが、クーポンが多いなどの特色があるのも魅力です。
あとは、実際に行ってみて、ホームページとは違うと思ったら、別の美容室開拓をしてみましょう。
通いやすいという点においては、通勤圏内にあるとか、交通アクセスが良いというのもポイントになります。

CX_CM147
メイソンジャーは、単なる瓶の中に入っているサラダのことです。
これがニューヨークで一大ブームとなり、今は日本でもその愛好者は増えつつあります。
雑貨屋などでも、メイソンジャー用の“瓶”を扱う所も多いのですが、やはりBallのもので作りたいもの。
ブランドだけではなく、100年以上歴史のあるメーカーで、二重構造のふたというのが、メイソンジャーの完成度は上げると言われています。
メイソンジャーはBallの瓶を使って欲しい。
このコンビは一種のブランドそのもののようです。
もちろん、他の瓶でも、メイソンジャーを作ることはできます。
瓶にコーヒーを入れる、食器として使用することが今までに常識でなかった新しい感覚で、それ新しいかも?という新しもの好きが、流行らしたと言われています。
粋なライフスタイルというのが、きっかけではありますが、実は理にかなった瓶の利用法に、エコな時代と野菜を食べる習慣という2つの良いことが重なりました。http://www.kagurazaka-washoku.com/
そして、それ以前から、野菜をジューサーにかけて食べるスムージーの流行が何となく下火になりかけた時、このメイソンジャーの登場とあいまったのです。
もちろん瓶にスムージーもおしゃれと言うことでますます注目を浴びる事になりました。
嬉しい事に、基本的にサラダを食べることが目的ということで言えば、単なる格好だけではなく、健康にも良いヘルシーでビューティな食べ物として定着し始めています。
日本でも2015年はメイソンジャーで幕開けといったことになります。
和食のメニュー教えてください!!

02202

02202
髪の毛というのは毛根から頭皮を突き抜けた時から死んでいるという事はご存知でしょうか。

何故、冒頭からこのような事を書いたかと言いますと、大型店になればなるほど残念なことに、物販に力を入れていて、せっかく、カットが気に入っても、雰囲気が気に入っても、勧められるがままに、高額なシャンプーやコンディショナーを買うようになってしまうのが現実です。そうすると、長く通えなくなってしまいます。1度買ってしまうと次から断りづらくなってしまうのが人の心ではないでしょうか。

昔とは違って、近頃では、毛根から生えて、死んだ髪の毛でも何とかきれいに保とうという商品が市場に溢れています。かといって、美容院の物が市場の物と同じだという積りは毛頭ありません。でも、美容院に行くたびに財布が軽くなり、美容院に行くたびにせっせと働く、というのはあまりにも悲しいと思うのです。
ですから、同じ女性として、知識を共有したいと思い、事実を書かせて戴きました。それでもやはり美容院専売商品がいい、と思われる方はそのような物を多く扱っている店舗へ行かれたらいいと思います。でも、そうでなく、美容院を新たに開拓されるときに、例えばホットペッパー等で「○○の商品を扱っています」という文字を見た時、「私はドラッグストアのものでいい」という気持ちが少しでもおありの方は、そのような美容院は消去しながら開拓されることを、私は強くお勧めしたいと思っています。

巷で良く耳にする美容院選びの失敗例として、大型店ではない美容院でも、過去の美容コンテストのトロフィーを飾っているお店です。

私自身はそういう話を聞くまでは気にも留めたことはなかったのですが、日本人気質と言いますか、肩書などに弱いのか、つい、そのようなお店を、絶対だと信じてしまって入店される方が多いようです。そして、自分の思い通りにならなかった、という結末になるケースが意外に多いようです。

私は別に、過去の優勝を批判する気はありませんし、それなりの技術がないとそのようなものは貰えないという厳しい世界であることもよく知っていますので、そのことを言いたいのではありませんのでどうぞ誤解のないようにお願いしたいと思います。

では、何故、そこに触れたかと言いますと、個々人が求めるイメージと、そのトロフィーとが必ずしも一致するものではない、という事を世の女性達に伝えたかったのです。どの世界でも同じことが言えるのですが、過去の受賞はその時代背景での受賞ですので、決して永久不変のものではないという事から、それを判断材料として行きつけの美容院を決めるのではなく、飽くまでも、現在のお店の状況を下調べしてから選ばれることを強くお勧めしたいと思います。

0220

0220
女性のヘアスタイルを取り巻く環境は21世紀になって、急速に変わってきたように感じます。それ故、なかなか、ここぞという美容院と巡り会えない方も多いのではないでしょうか。もしかしたら、貴女は、安さや、美容院の雰囲気、外観、スタッフの写真、等というもので判断されていませんか?もしもそうであるなら少し、着眼点を変えて選んでみましょう。

人間には誰しも得手不得手があります。残念ながら、美容師も人間ですから同じことが言えてしまうのです。

大型店であればスタッフも多いので貴女の要望にあったヘアスタイルを作ってくれるスタッフと巡り会える可能性は大きくなりますが、そうでない店舗であれば、次回から美容院を選ぶときは是非、その美容院のブログや、ホームページ等をご覧になられて、サンプル写真を見てみてください。

例えば「今年の春はこのヘアスタイルでキマリ!」等と言う写真です。その写真こそが、その美容院の得意とする髪型ですので、貴女のイメージと全く違う場合はやめたほうがいいでしょう。写真を見て、「まあ、いいか、お店の雰囲気はいい感じだし」等と妥協しても失敗するのが目に見えています。又、例えば、パーマはあまりかけたくないのにパーマヘアばかり掲載している美容院は貴女には向きません。

そのような感じで次回からの美容院選びをされることをお勧め致します。

沢山ある美容院の中から皆さんは何を基準にして「行きつけの美容院」という物を決められていますでしょうか。インターネットでしょうか、クーポンでしょうか、ホットペッパーでしょうか。いずれにせよ、「看板を見てふらっと入る」という事はないのが美容院というものかもしれません。勿論、何でもいいからカットさえしてくれたら、という人は別です。飽くまで、美を意識している女性は何かしらの媒体を頼りに最初の1歩を踏み入れるのではないでしょうか。そして、最初の1歩を踏み入れたら次は、今後、通い続けられるところかどうか、最初の来店時は大体、終始、そんなことを考えられているのではないかと思います。

大型店は別として、小規模の美容院へ行かれた時の判断の仕方を一つ御紹介したいと思います。まず、ヘアカタログの数が殆どない美容院はやめておきましょう。更に言うと、女性誌は沢山あるのにヘアカタログはない、というところはアウトですね。何故かと言いますと、理由は簡単で、美容師自身が、自分の腕に自信がないからそのようなものは置かないことにしているからです。コストダウンの為であれば、女性誌さえも置かない筈です。

もし、貴女がずっと、無難な髪形で、そんなにヘアスタイルを変える気がないというのであれば相性だけで判断されればいいですが、時にはヘアスタイルを変えてみる習慣がある、というのであれば、上記に書いたような美容院はやめておいた方がいいでしょう。

02201

02201
町によっては美容院の需要と供給のバランスがうまく行かない程、美容院がやたら多いところもあります。数が多いからこそ選ぶのが一苦労、というのが昨今の現状ではないかと思います。ようやく、「ここ」と決めた美容院も、次に予約を入れようとしたら電話が通じなくなっていた、等と言う話は近頃では珍しくもなくなりました。女性が髪を切りたい、若しくはヘアスタイルを変えたい、と思った時はたいていの場合、待ったなしの精神状態です。ですから、そんな時は非常に切なくなってしまいます。何が原因で今の悪循環になったのかというと、ひとつには、やはり、女性のニーズが幅広くなったことが最初のきっかけのようです。

エクステンションを始めとして、昔のように、カットが出来ないと美容院に勤められないと言ったような規制が緩くなり、エクステンションに加えて、まつ毛エクステや、ネイル等、といったものも美容院の中に併設するお店も多くなり、美容院は且つての「髪をキレイにするところ」から、総合型美容サロンへと変貌しようとしています。それでも、商売気を出しすぎるとそれが逆効果となり、大きく成長していた筈のサロンも何時しか急に電話が繋がらなくなった、といった現象を呼び起こしています。

今後、美容院というものはどのような変化をしていくのか、又、生き残るためにはどうするべきなのか、21世紀の美容業界の大きな課題ではないかと思います。